マライアキャリー また口パク

マライアキャリー(Mariah Carey)の口パクが、またまたバレてしまいました。

事の発端は、7月6日、ラスベガス公演。

マライアは、ヒット曲「BOYFRIEND」を歌っていた際、ボックス型のステージセットの上にいましたが、ボックスの位置が傾き、そこから滑り落ちてしまったそうです。

マライアは転倒し、手からマイクが落下。

歌はあわや中断かと思われたが、不思議なことにマライアの歌声は途切れることなく聞こえていたのでした。

マライアの口パクは、ここ数年で珍しい話ではなくなりました。

海外のアーティストは、テレビ出演などで歌を披露する場合、だいたい口パクなのは周知の事実です。しかし、コンサートで口パクをするアーティストは極めて少数と言えるでしょう。

マライアは、今年の10月29日から11月1日まで来日公演を控えています。よもや、日本武道館で口パクライブをやるとは考えらません。しかし、もしやったとなれば、以降、日本というマーケットを失いかねない大失態となるやもしれません。





この記事へのコメント