マイケルジャクソン 収入1,400億円超

音楽史上最も成功したレコーディングアーティストであるマイケルジャクソン(Michael Jackson)が急逝したのが2009年。

あれから9年が経過しましたが、驚くべき事に、マイケルは、死亡後も着々と莫大な資産を生み出しています。2009年以来、マイケルの総収入は13億米ドル(約1,430億円/1米ドル=110円換算)を超えていると試算されています。

米経済誌「Forbes」が発表した「2017年最も稼いだ亡くなったセレブ」によると、マイケルは5年連続で第1位。以下は上位5傑のランキングです。

1位 マイケル・ジャクソン:7,500万ドル(約82億5,000万円)
2位 アーノルド・パーマー:4,000万ドル(約44億円)
3位 チャールズ・M・シュルツ:3,800万ドル(約41億8,000万円)
4位 エルヴィス・プレスリー:3,500万ドル(約38億5,000万円)
5位 ボブ・マーリー:2300万ドル(約25億3,000万円)

伝説のエルビスよりも上で、2位をも倍額で引き離しているとは、信じがたい記録です。

生前も記録づくめのスーパースターであったマイケルジャクソン。その価値は、今後も色あせることは無いということなのでしょうね。




この記事へのコメント