村田諒太 世界戦 横浜アリーナ 2018

WBA世界ミドル級チャンピオン
村田諒太
の初防衛戦が
2018年4月15日、
横浜アリーナにて行われます!

では、日程、会場、
チケット情報を確認しておきましょう。

【会場】横浜アリーナ(神奈川県)
【日程】2018年4月15日(日)開場16:30 試合開始17:15
【アクセス】横浜市営地下鉄「新横浜駅」7番出入口より徒歩約4分

【チケット料金・座席】税込
 ◎リングサイド席A:50,000円
 ◎アリーナ席A:50,000円
 ◎リングサイド席B:30,000円
 ◎アリーナ席B:30,000円
 ◎アリーナ席C:20,000円
 ◎アリーナ席D:10,000円
 ◎アリーナ席E 6,000円


試合当日の
主な対戦カードは以下の通りです。

◆WBA世界ミドル級タイトルマッチ(メインイベント)
村田諒太(王者/帝拳)
  対
エマヌエール・ブランダムラ(同級8位/イタリア)

◇WBC世界フライ級タイトルマッチ
比嘉 大吾(王者/白井・具志堅)
  対
クリストファー・ロサレス(同級2位/ニカラグア)


正規チャンピオンである村田諒太が
イタリアからの刺客を迎え撃つ初防衛戦。

エマヌエール・ブランダムラは38歳。

ボクサーの強さは
年齢だけでは参考にはならない。

38歳前後の年齢で
長期政権を築いているような
世界チャンピオンであれば
難攻不落の部類に入る。

このタイプの王者は、
例外無くディフェンスマスターであり、
相手のパンチを受けていないから
脳へのダメージが極めて少ない為、
ボクシングキャリアも
強さを保ったまま長い。

しかし、村田の挑戦者である
エマヌエール・ブランダムラは、
これまでのキャリアで
世界タイトルを獲得せずに
38歳を迎えている。

直近の試合で4連勝中らしいが、
村田にとっては、
このレベルの対戦相手には
勝つか負けるではなく、
勝ち方が求められる一戦といえよう。

ボクシングの初防衛戦は、
どのようなチャンピオンにも
鬼門と言われている。

しかし、村田諒太が
将来、ラスベガスに進出して
タイトルマッチを行うような
重量級王者を目指しているならば、
この一戦は明らかな差をつけての勝利が
名王者の称号への必要絶対条件であろう。
村田諒太 初防衛戦 横浜アリーナ 2018 チケット検索はコチラ






この記事へのコメント