小室哲哉 引退

不倫疑惑をうけ、
小室哲哉さんが記者会見を行い、
けじめとして音楽活動から
引退を表明しました。

記者会見の理由は、
不倫問題であるのだから、
不倫が事実でないと
否定すれば良かっただけなのではと
思ってしまいます。

小室さんは、90年代の
絶頂期だった頃のレベルを
超えなれないことも
引退を決意した要因と話していました。

しかし、才能というものは
時を経てそんなに簡単に
枯渇するものなのでしょうか?

現在の小室さんを取り巻く環境は、
音楽に集中できない事が
少なくないでしょうから
当時と現在との単純比較は
あまり適当ではないでしょう。

記者会見では、
「正直、悔いなしという言葉はひと言も出てこない」と
涙で語っていました。

小室さん自身が
まだ幕引きの時期ではないと
感じているのなら
引退などする必要はありません。

希代の才能が
このような形で音楽界から
身を引くことになろうとは、
本当に残念でなりません。

休養を経て、
リセットする事のも
一つの選択肢かもしれませんから。



この記事へのコメント