ポールマッカートニーの悪夢

今年2017年4月に、
東京ドームで圧巻のショーを
披露してくれた
ポールマッカートニー。

そのポールが、
オーストラリアのABC放送との
インタビューで、
彼を50年以上悩ませている
悪夢について語りました。

"Ever since I started performing
there is a dream I still have which is
you are in a stadium playing with The Beatles or with this band
and people start leaving and it is like
'OK what are we doing wrong' we try to pull out the bigs ones
but they're still leaving. You wake in a cold sweat."


「ライブ活動をするようになって以来、
今でも見る夢があるんです。
スタジアムでザ・ビートルズや、
今のバンドでプレイしていると、
観客が会場から次々に去っていくんです。
“何かマズい事したかな?”と思い、
有名なヒット曲をプレイしようとするんだけど、
それでも、観客がいなくなっていくんです。
そして、目が覚めるんですが、冷や汗かいてますよ。」


ポールのような
世紀のレジェンドでも
こういうプレッシャーがあるとは
ちょっと驚きです。

しかし、彼のキャリアで、
その悪夢が現実になることは無く、
12月16日にニュージーランドで
ファイナルを迎える
「ONE ON ONE」ワールドツアーも
ほどんどの公演で満員御礼だそうです。






この記事へのコメント