マルコム・ヤング死去

ハードロックバンド「AC/DC」のギタリスト
マルコム・ヤング(Malcolm Young)が
2017年11月18日(土)死去したと
報じられました。

享年64歳。

マルコムは、
2014年4月頃から認知症を患い
バンドを脱退していました。

AC/DCでは、マルコムはリズムギターを
弟のアンガス・ヤングがリードギターを
それぞれ担当し、マルコムの強力なリフ、
アンガスの個性的なソロで、
バンドは一時代を築きました。

ロック界の偉大なレジェンドが
また一人この世を去りました。

当ブログとしても、
ご冥福をお祈りいたします。





この記事へのコメント