宇多田ヒカル JASRACとは別見解

2017年2月4日、宇多田ヒカルさんは、
ツイッターで以下のように投稿しました。

「もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、
 著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな」

これは、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、
ヤマハや河合楽器が運営する音楽教室に対して
著作権に従う使用料請求するという問題に
宇多田さんの個人的見解を述べた投稿でした。

法的にこの問題がどうなるのか
これから議論されることになるでしょう。

しかし、
宇多田さんのようなソングライターは、
著作権を最も重視しているはずですが、
この投稿内容は、実に寛容な見解です。

大物は、器量も大きいという証明ですね!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック