カークハメット ファンに呼びかけ

メタリカ(Metallica)のギタリスト
カーク・ハメット(Kirk Hammett)は、
トランプ新大統領の就任スピーチに対して
異議を唱えるツィートをファンに対して投稿しました。

"Trump's Inaugural Address and his asking us
to put America first sounds, to me,
familiar to what was said in speeches going around
Germany in the 1930's... and later Russia in the 1940's,"

「トランプの就任スピーチと
 彼が米国民に掲げるアメリカ第一主義は、
 1930年代のドイツや、1940年代のロシアで
 沸き起こったスピーチのようなんだ。」

カークは、ナチスドイツのヒトラーや
ソビエトのスターリンのような独裁者が
台頭してきた時代と酷似していると言っています。

ハメットは、トランプ大統領の
決まり文句「米国を再び偉大にする」に対しても
反論を行っています。

"America never stopped being great!
America is one of the wealthiest
and most prosperous nations on the planet.
I'm proud of America. To say America is not great,
that it lacks greatness, sets up a scenario
for manipulation and control from others –
pay attention people!"

「米国が偉大でなかった事など一度もない。
 米国は地球上で最も豊かで繁栄した国家の一つなんだ。
 私はアメリカを誇りに思っている。
 米国が今偉大じゃない、とか、偉大さに欠ける、
 などと言うのは、大衆を搾取したり誘導するための詭弁だよ。
 みんな、気をつけるんだ!」

カークは、ツィートをこう締めくくっています。

"Defend democracy from those who want to crush it."
「民主主義をぶち壊そうとしている奴らから民主主義を守ろう」

カークの切なる叫びには、
耳を傾ける価値があると思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック