PPAP 国立劇場がアレンジ

2016年、社会現象となった
ピコ太郎さんのPPAPですが、
その余波はもう少し続く気配です。

PPAPの替え歌バージョンは、
既に多くYouTubeにアップされていますが、
1月13日(金)にアップされた
「PNSP」はとりわけ異才を放っており、
再生回数も10万回を超えています。

「PNSP」は、なんと、
日本伝統芸能の殿堂国立劇場が制作し、
三味線、太鼓、笛でアレンジされています!

ちなみに、「PNSP」とは、
「ペン・ヌリサンポー・サンポー・ペン)」の略。

パフォーマンスは、バックの和楽器隊と、
国立劇場のマスコット「くろごちゃん」。

日本の伝統芸能をも動かしたピコ太郎さんのPPAP。

「PNSP」、とくとご覧あれ!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック