中森明菜 ディナーショー 7年ぶりのステージ

中森明菜(なかもりあきな)さんが
2009年以来7年ぶりにステージに復帰を果たしました。

12月4日(日)、明菜さんは、
ヒルトン東京お台場でディナーショーの
初日を迎え、復帰を待ちわびた
約900人のファンクラブ会員の前で
1時間20分にわたり力強い生歌を披露しました!

この夜、開演10分前には、
明菜コールの大合唱が巻き起こり、
ステージの中央から明菜さんが現れると、
ファンの興奮は一気に最高潮に達しました。

全盛時に勝るとも劣らない声とパフォーマンスに、
この瞬間を長い間待ち焦がれたファンの中には、
感激のあまり涙する姿が見られたそうです。

セトリ(セットリスト)は、
「Rojo -Tierra-」「ひらり-SAKURA-」など
比較的新しい曲でスタートしましたが、
後半の約30分は、自身の往年のヒット曲
「ミ・アモーレ」「飾りじゃないのよ涙は」などを
立て続けに披露したとのことです。

ファンの大歓声に、明菜さんも感動し、
公演中のMCでは、以下のように語ったそうです。

「始まる前から大きな声を出して、
 みんな声がかれてませんか?」

「長い間、待たせてしまって申し訳ありませんでした。
 しかも、根気よくあきらめずに待っていていただいて、
 心から感謝しています。」

「これまでファンクラブに入っていただいてありがとう。
 いろいろ不満もあったかと思いますが、きっと、
 今日は入っていてよかったなと思っていただけたかと!」

明菜さんの今年のディナーショー
『Akina Nakamori Dinner Show 2016』は、
全国7都市で10公演が予定されており、
12月29日のハイアットリージェンシー大阪が
最終日となっています。


中森明菜『Akina Nakamori Dinner Show 2016』の記事
http://tickets-for-concert.seesaa.net/article/442963124.html?1480899663
http://tickets-for-concert.seesaa.net/article/442816125.html?1480899764

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック