宇多田ヒカル 紅白には海外中継出演

宇多田ヒカルさんほどの実績のある方が
NHK紅白歌合戦に今年初出場とは意外な感じがします。

しかし、宇多田さんは、これまで、
NHKからのオファーを快諾せず、
どちらかというと、
紅白には背を向けていたようなので、
ファンや本人にしてみれば、今年初出場も
意外でも何でもないのかもしれません。

にもかかわらず、
NHK側が宇多田さんを口説きたかった理由は、
宇多田さんの今年に活躍が
NHK側が最も紅白に出演してもらいたい
歌手としての条件を全て満たしていたからに他なりません。

2011年以来、歌手活動を再開。

今年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の
主題歌に新曲「花束を君に」を書き下ろし。

NHK「SONGS」への出演。

日本テレビ系「NEWS ZERO」の
テーマ曲に「真夏の通り雨」が決定。

テレビ朝日系「ミュージックステーション」特番に出演。

今年9月に8年ぶりのニューアルバム
「FANTOME」をリリースし、
現在まで54万枚の驚異的な売り上げを記録。


NHKへの貢献度、話題性、歌手としての実績の他に、
紅白の今後の方向性「世代交代」の条件にも
全て一致していたのが宇多田ヒカルさんだったのです。

事実、以下のようなNHK関係者のコメントがありました。

「今年の実績、話題性、知名度、
 どれを取っても今年どうしても
 出場していただきたかったアーティストの1人。」


宇多田さんへの出演交渉は、
かなり早い段階から始まっていたようで、
最後は、宇多田さん側が主張する
「海外から中継による出演」をNHKが承諾して、
晴れて紅白初出場が決定したというわけです。

さて、大晦日当日は、中継により、
宇多田さんがどのようなパフォーマンスを
見せてくれるのか楽しみですね!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック