マライア 50億円を要求

マライア・キャリー(Mariah Carey)は、
元婚約者でオーストラリアの大富豪
ジェームズ・パッカー氏に対し、
5,000万ドル(約50億円)を要求しているそうです。

婚約の解消により、
約10億円相当の婚約指輪は
マライアのものになるそうですが、
それだけでは不満なのでしょうか?

50億円要求の理由としては、
婚約解消の精神的なショックで
南米ツアーを中止せざるを得ない事や
パッカー氏との結婚を題材にしたリアリティ番組が
とん挫することの違約金など、
ビジネス上の問題が絡んでいるとのこと。

しかし、結婚もしていないのに、
パッカー氏に50億円もの支払い義務が
本当に生じるのでしょうか?

セレブの問題は、複雑で高くつくようです。

マライアも、最近の話題といえば
ゴシップばかりが先行しているようで、
ボーカリストとしての評判はどこへやら・・・

自身の持ち歌でさえ
もはやオリジナルキーでは
歌えなくなっている衰えに加え、
体は明らかに不摂生からの肥満・・・

7オクターブの声域を持つ
絶対無二の歌姫と形容された頃を
彷彿とさせるようなパフォーマンスが
再び見られる日が来ること、そして、
質の高いアルバムを作ってくれることが
ファンの切実な願いだと思いますがねぇ。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック