ピコ太郎広告収入

ピコ太郎さんをミュージシャンと
認めていいのかどうかはさておき、
『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』が
ここまでになるとは誰が予想できたでしょうか?

PPAPのYouTube動画再生回数は、
6,000万回を突破しようとしています。

そこからの広告収入は、
3,000万円と試算する専門家もいます。

いろいろな試算があるものの、
数千万円にはなるだろうと言われています。

仮に、試算通りであったとしても、
あくまでもエイベックス経由である為、
数千万円が全額ピコ太郎さんの収入には
ならないそうです。

しかし、広告収入そのものよりも、
ここからどうビジネス展開させるかが
もっと重要になってくるでしょう。

世の中、何がヒットするのか、
全く予想ができませんねぇ。

もしかして、本当にそう思っているのは、
誰でもなく、ピコ太郎さんなのかもしれません。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック